家を売るために必要な期間はどのくらい?

HOME / 家を売るために必要な期間はどのくらい?

マイホームや相続した空き家などを売却したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?売却を成功させるためには、売却までに要する期間を把握しておくことが大切です。ここでは、家を売るために必要な期間を、販売活動の準備から引き渡しまでの過程に分けてご説明いたします。

不動産会社の決定と販売活動の準備(1週間)

不動産会社の決定と販売活動の準備(1週間)

家を売るために必要な期間は物件によって違いがありますが、家を売るには概ね3~6ヶ月程度かかります。よって、売りたい時期(現金化を図る時期)から逆算して、6ヶ月程度前から家を売るための行動をスタートする必要があります。

家を売るには不動産会社に依頼して買主を探してもらうことが必要ですので、まずは仲介を依頼する不動産会社を決めます。不動産会社が決まったら、不動産会社に物件の調査と査定をしてもらい、売り出し価格を決めた上で販売活動を開始します。

不動産会社を決めてから、販売活動が開始されるまでの準備期間は約1週間です。

販売活動・購入希望者の申し込み(1~3ヶ月)

不動産会社はレインズに物件を登録後、物件情報サイトや折り込み広告などで物件を宣伝し、買主となる購入希望者を探します。

購入希望者が見つかったら内覧の案内をして、購入希望者に物件を見学してもらいます。内覧の結果、購入希望者に購入の意思がある場合は住宅ローンの仮審査を受けてもらい、仮審査に通ると売買契約の締結に向けて動きます。

販売活動を開始してから住宅ローンの仮審査を通過するまでには、1~3ヶ月程度かかります。

売買契約(1~2週間)・物件の引き渡し(1ヶ月)

売買契約(1~2週間)・物件の引き渡し(1ヶ月)

購入希望者が購入の申し込みをすると、売買契約を締結することになりますが、売買契約を締結するまでには1~2週間程度かかります。契約時には不動産会社の宅地建物取引士が重要事項の説明を行います。そして、買主は売主に100万円程度の手付金を支払い、売買契約書を作成します。

売買契約後、買主は住宅ローンの本審査を受け、本審査に合格すると残金を決済し、売主は買主に物件の引き渡しを行います。売買契約から物件の引き渡しまでは1ヶ月程度かかります。

このように、不動産会社に仲介を依頼してから物件の引き渡しまでは、大体3~6ヶ月程度かかります。しかし、物件によっては6ヶ月以上かかる場合がありますので、なかなか売れない物件はリフォームやリノベーションを行うなど、何らかの対策を講じる必要があります。

相続した空き家や築古物件など、売りたくても売れない不動産でお悩みでしたら、よくばり売却ドットコムにご相談ください。

よくばり売却ドットコムは、売却が難しい相続した空き家や築古物件でも、状況に応じた様々な販売戦略を駆使することで、少しでもお客様の希望額に近づけられるよう、手厚くサポートいたします。仲介による売却だけではなく、買取売却も承っていますので、早期の現金化をご希望の方もぜひお任せください。

相続した土地・空き家の売却をお考えならよくばり売却ドットコムにご相談を

サービス名 よくばり売却.com
サイト運営会社 アズビット株式会社
運営所在地 〒125-0054 東京都葛飾区高砂5丁目41-3
事業内容 不動産売買
賃貸管理
住宅維持管理
投資運用コンサルティング
シェアハウス運営 WEBサイト運営
TEL TEL:0120-43-2327
※営業の電話は固くお断りしております。
不動産仲介無料査定 こちらをクリックしまして、フォームよりご連絡下さい
お問合せ・相談予約 お問合せフォームよりご連絡下さい

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始