玄関は家の顔!ピカピカの玄関で一日の始まりと終わりをもっと気持ちよく迎えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝は「行ってきます」の場であり、帰りは「ただいま」の場である、玄関。
一日の始まりと終わりを気持ちよく過ごすためには、きれいな玄関を保ちたいですよね。
汚く、どんよりとした玄関だと、何だか気分もダウンしてしまうものです。

そんな玄関のお手入れ、皆さんはどのようにしているでしょうか?
普段からこまめに掃除している人もいれば、ほとんどほったらかし・・・という人もいるかもしれません。

そろそろ、年末の時期がやってきます。
今回は、2020年を気持ちよく迎えるために、家の「顔」とも言える玄関の効果的なお掃除方法などをご紹介します。

 

玄関にはどんな汚れが付くの?

一番多いのが、外部からの土や砂です。
我が家には幼稚園児が二人いるのですが、お砂場遊びをしてきた日は、二人の靴の中には大量の砂が・・・。

大人のように、丁寧に靴を脱いではくれないため、その砂が玄関にまき散らされて毎回大変なことになります(笑)

玄関の汚れとしては、他にもホコリ、ドアや壁には手垢もしっかりと付着しています。
うっすらと壁紙が黒くなっている、なんて人もいるのではないでしょうか?

また、シューズボックスなどはジメジメした環境のため、カビが生えやすい場所でもあります。
雨の日に使った長靴、傘などを、しっかりと乾燥させる前にしまってしまうと、カビが生えたり、嫌な臭いがしてしまうこともあります。

 

玄関掃除には何が必要?

先ほど、汚れについてのお話をしましたが、言い方を変えると、その程度の汚れしか基本的には付かないのが玄関。
台所やトイレなどの水回りと違って、洗剤を使ってゴシゴシ、と言ったような掃除方法は基本的には必要ありません。

最低限必要なアイテムは、

・ほうき
・ちりとり
・ぞうきん

この3つでOKです。
ただ、ドアの取っ手などに付着した手垢が気になる場合には、薄めた中性洗剤を使用すると、きれいに汚れを落とすことができます。

 

場所別のお掃除方法

■床

何と言っても一番汚れるのがここ。
面倒ではありますが、置いてある靴は全部どかし、ほうきで土や砂を掃除しましょう。
細かい粉塵が多い場合には、掃除機を使用するのも良いでしょう。

また、床の素材はタイルであることが多いですよね。
タイルに付着した汚れがひどい場合には、水で濡らした雑巾で拭き掃除をしましょう。
タイルとタイルの溝に汚れがこびりついてしまっている場合は、薄めた中性洗剤を使って、ブラシや不要な歯ブラシなどで少しゴシゴシすると、大抵の汚れは取ることができます。

■壁・ドアノブ

ホコリが気になる場合は、ハンディモップでささっとホコリを取ってしまえばOK。
何だか色がくすんできたなと感じた場合は、手垢が付いている証拠なので、その場合には中性洗剤を使用して水拭き⇒幹拭きをしましょう。(乾拭きをしないと、洗剤が付着したままになってしまうので、必ず乾いた布で拭き取ってください)

■シューズボックス

一番厄介なスペースです。
我が家もそうなのですが、履いた靴を直に置くと、土や砂がシューズボックスに付いてしまいますよね。
特に土の場合は、時間が経ってしまうと、簡単には落とせなくなってしまうこともあります。
そんな頑固な汚れには、しっかりと水拭きをしましょう。
この時気をつけなければならないのが、掃除後の乾燥です。
先ほどもお話ししましたが、シューズボックスは空気がこもりがちで、ジメジメした場所。
水拭きのあと、すぐに扉を閉めてしまうと、せっかく掃除をしたのにカビが生えたり、嫌な臭いがしてしまうことも。

そのため、シューズボックスを掃除したあとは、必ずしばらくは扉を開けっぱなしにして内側を乾燥させましょう。

カビの発生を徹底的に防ぎたいという人は、水拭きのあとにアルコールスプレーなどを吹きかけておくと、より安心ですよ。

玄関は外側にも!ポーチも忘れずに

ドアの内側だけが玄関ではなく、外から見えるポーチ部分も玄関の一部ですよね。
せっかく大掃除をする場合には、このポーチの掃除もしておきたいものです。

ポーチは、ドアの内側部分よりも、雨の日の泥汚れや土などが付着しやすいところ。
そんな汚れには、デッキブラシが最適です。
タイルとタイルの溝部分の汚れも、しっかりと落とすことができますよ。

また、意外と汚れている郵便受け、表札なども、大掃除を機に水拭きできれいに掃除しておくことをおすすめします。

きれいな玄関をキープしよう

せっかく気合いを入れて掃除した玄関、できるだけきれいな状態をキープしたいですよね。

そのためには、①不要な靴を出しっぱなしにしない②濡れた傘や長靴は乾いてからしまう③こまめに掃き掃除をする

を心がけると良いでしょう。

履かない靴がしき詰められていると、普段からのちょっとした掃き掃除も億劫になってしまいがち。
すっきりした状態なら、こまめなお掃除も苦にならなくなるはずです。

普段のちょっとした心がけで、ゲストも自信を持って迎えられる玄関をキープしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始