デュアルライフって知っていますか?変化する住まいの新しいかたち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近増えてきている、デュアルライフという新しい暮らしのかたち。
皆さんは、耳にしたことがあるでしょうか?

旅行好きの人、田舎暮らしに憧れがある人などは、知っているワードかもしれません。

一体何の話?と感じている方も多いかと思います。
そこで、今回はそんなデュアルライフに注目して、お話していきたいと思います。

 

デュアルライフとは?

そもそも‟デュアル”とは、「二重の、両数の」など、二つのものを一対として捉えることを指します。

例えば、仕事場で使うパソコンのディスプレイを、見やすいように二つ設置する場合には、「デュアルディスプレイ」と言ったりします。
ダブル(double)、ツイン(twin)などと同様の意味です。

デュアルライフとは、つまり、直訳すると「二重の生活」ということになります。
端的に言うと、二つの場所で暮らすことを意味します。

二つの場所?どういうこと?と感じる人もいるかと思いますが、いわゆる普段の住まい+別荘を持つという状態とは、少し意味合いが異なります。

別荘などでの滞在は、あくまでも一時的なことがほとんどですよね。
でも、デュアルライフの場合、長期間や反復的な生活を送ることが多く、セカンドハウスとして、両方の住まいをしっかりと生活の拠点とするようです。

例えば、平日は仕事があるため、首都圏の住まいを拠点として暮らし、週末になると軽井沢など首都圏からも比較的近い場所で時間を過ごす、というパターンなどがこれに当たります。

最近では、リモートワークも浸透してきているため、仕事のある日でもセカンドハウスにいながら業務をするという、新しい仕事の形態も生まれてきています。

このように、デュアルライフとは、二つの地域に拠点を持って暮らすことを意味しています。

 

老後を考えてのデュアルライフ

 

人間は、誰しも老いていくもの。
今は階段のある戸建ての生活をしていても、いずれは階段の上り下りが負担となり、生活がしにくい状況になることも考えられます。

そんな老後を想像して、デュアルライフを検討し始める人も増えてきていると言われています。

例えば、今はまだ元気だから2階建ての戸建てメインで生活をし、デュアルライフとしてもう一つの住まいを田舎の平屋にする、などのケースも増えてきているそう。

もともと、将来は静かにのんびりと田舎暮らしをすることに憧れを持っている人も多く、そんな人にはデュアルライフは魅力的な住まいのかたちかもしれません。

現役で仕事ができる間は、都会での生活をメインとしながらも、老後に向けて田舎暮らしに慣れておくのも一つの手。
いざ体の自由がきかなくなってからだと、引っ越しなども大きな負担になりますよね。
でも、まだ若いうちにデュアルライフを手に入れ、田舎での生活も進めていれば、将来的に田舎暮らしをメインに生活し始めるのもスムーズ。

まずはデュアルライフを楽しみ、本当に気に入れば本格的に田舎暮らしをする。そんなかたちも考えることができるのが、このデュアルライフという新しい居住の仕方なのです。

デュアルライフは夢のまた夢?

 

結論を言うと、そんなことはありません。
一昔前までの、「別荘持ち=お金持ち」という固定概念は消えつつあります。

それは、現代ではライフスタイルの在り方が多様化してきているからです。
例えば、家はもちろん車もシェアできたり、仕事の仕方もリモートワークが可能になったりと、私たちの生活のかたちは日々変容していますよね。

そのため、お金持ちにしか実現できなかった別宅での暮らしというものが、もっと身近なものになってきていると言えます。

一番大きなポイントとしては、仕事の仕方の変化だと言えるでしょう。
先ほどもお話ししたように、今やリモートワークが一般化しており、どこにいても仕事ができる環境が整うようになりました。

そのため、通勤場所・通勤時間などに囚われることなく、選択肢の広い柔軟な生活が可能になってきているのです。

 

デュアルライフのデメリット

 

都会と田舎暮らしの二つを味わうことができる、デュアルライフ。

旅行好きの人、定期的に田舎を訪れたい人などにとっては、デュアルライフの在り方はとても魅力的ですよね。

でも、何事にも、メリットだけではなくデメリットもあるものです。

デュアルライフのデメリット
①移動時間・交通費がかかる
⇒これは、どうしても避けられないポイント。

二つの拠点で生活するということは、その二つを行き来する訳ですから、当然移動時間や移動のための交通費(車ならガソリン代など)もかかってしまいます。

②セカンドハウス用に家具などを揃えなければならない
⇒これも、住まいとして機能させるためには仕方のないこと。
家具・家電は一通り揃えなければなりませんし、掃除やメンテナンスの手間もあります。

また、衣類、食料品、日用品なども必要になります。

毎日に刺激があるデュアルライフ

マンネリ化した生活を変えたい人、飽きっぽい人、生活に刺激がほしい人。
そんな人には、デュアルライフはおすすめの暮らし方です。

メリットだけではなくデメリットも考慮した上で、新しい暮らしを選ぶのも良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始