戸建が売れない場合は原因を突き止めて対策をすることが必要!

HOME / 戸建が売れない場合は原因を突き止めて対策をすることが必要!

戸建が売れない理由はいろいろありますが、まずは状況を分析したうえで何が原因で売れないのかを突き止めることが必要です。ここでは、戸建が売れない理由をいくつか挙げたうえで、売れない戸建を売るための対策をご説明いたします。

戸建が売れない理由

戸建が売れない理由

戸建が売れない理由として、ニーズが少ないことが挙げられます。不動産に限らず、この世のあらゆる商品はニーズがなければ誰も買いません。ニーズが少ないということは、その戸建は魅力が少ないということです。しかし、魅力があっても売れないこともあります。それは、その戸建よりも魅力的な物件が近所に多くあり、そちらの物件にお客様が流れるため、結果的に売れなくなってしまいます。

戸建が売れない理由として他に考えられることは、そもそも売り方が間違っているのかもしれません。戸建を売るには入念にマーケティングを行うことが必要であり、マーケティングを疎かにしていると戸建はなかなか売れないです。

不動産業者の営業力が不足していても戸建は売れません。広告宣伝が足りないと戸建は売れないですし、広告の質に問題があっても戸建は売れません。

このように、戸建が売れない理由はいろいろありますが、何が原因で売れないかを突き止めることが大切です。

売れない戸建を売るための対策

売れない戸建を売るための対策

売れない戸建を売るためには、売れない原因を突き止めたうえで、売るための対策を講じることが必要です。

内覧希望すらない場合は、広告の質が原因かもしれません。広告の質が原因で戸建が売れない場合の対策は、戸建の写真を撮り直すことです。お客様は物件の写真を見て物件の善し悪しを判断しますので、写真写りが悪いと内覧してみようという気にはなりません。

悪天候の日に写真撮影をすると、全体的に暗くて陰気な感じになるため、天気が良い日に写真撮影をして広告を作り直すと売れる可能性が高まります。

内覧の希望者は多いのに売れない場合は、広告には問題はなく、他の何かが問題になっていることが考えられます。内覧の段階でお客様が去っているわけですから、内覧時の部屋の状態が問題なのかもしれません。こういったケースは、もう一度部屋の中を綺麗に掃除すると購入希望者の心証が良くなり、売れる場合があります。

戸建が売れない場合は、何が原因で売れないのかを突き止め、対策を講じることが必要です。よくばり売却ドットコムは、戸建の売却をサポートしており、売れない戸建を5つの販売戦略を駆使して売却いたします。

また、物件を高く売るためにリフォーム費用を保証する「おまかせR売却」というサービスも行っております。戸建が売れなくて困っている方は、よくばり売却ドットコムまでお気軽にお問い合わせください。

戸建が売れないとお悩みならよくばり売却ドットコムへ

無料査定依頼・売買・運用・賃貸相談のご相談はこちらから

  • 	売りたい方のメール無料査定
  • 貸したい方のメール無料査定
0120-41-2327 受付時間10:00〜19:00 定休日:毎週水曜日・第一・第二火曜日・年末年始
サービス名 よくばり売却.com
サイト運営会社 アズビット株式会社
運営所在地 〒125-0054 東京都葛飾区高砂5丁目41-3
事業内容 不動産売買
賃貸管理
住宅維持管理
投資運用コンサルティング
シェアハウス運営 WEBサイト運営
TEL TEL:0120-43-2327
※営業の電話は固くお断りしております。
不動産仲介無料査定 こちらをクリックしまして、フォームよりご連絡下さい
お問合せ・相談予約 お問合せフォームよりご連絡下さい